店選びも重要!

 

 

 

 

 

 

 

 

パチンコで勝つための判断材料は、

何も台選びや釘読みだけではありません。

 

 

 

他にももっと大事な要素が有ります。

それは、打ちに行くホールの選び方です。

 

 

 

パチンコホールによって、釘の開放度合いや、

玉の交換率が大きく違います。

 

 

 

大体は、地域柄で各エリアごとに似たような、

営業になるのですが、すこし離れただけで、

それらの要素が大きく変わることも、ざらにあるのです。

 

 

 

では、攻略において、パチンコホールの、

各特色をどのように、捉える必要があるのでしょうか。

 

 

 

答えとしては、「どういった要素を攻略するか」 によって変わります。

 

 

 

例えばmゲームとして楽しみたいので、

ほとんど貯玉して、交換はめったにしないということであれば、

交換率の低い店を選ぶことを、おすすめします。

 

 

 

理由はいたって簡単です。

 

 

 

交換率が低いということは、4円で借りたものが、

2.5円の価値になると考えれば、ある程度、

等価状態の球数よりも、更に持ち合わせていなければ、

金額的勝利になりません。

 

 

 

つまり、借りた時と同数稼いでも、金額的には負けてしまいます。

 

 

 

そのため、店としても収入を得やすいので、

顧客還元に向いてきます。

 

 

 

そのため釘も甘く当てやすいのです。

 

 

 

逆に、換金目的で勝負するということであれば、

最上級は、等価交換店がおすすめです。

 

 

 

ただし、等価交換店は、大阪府などではすでに、

禁止されている営業スタイルなので、

住んでいる地域によっては無い場合もありますし、

どちらにせよ、釘が閉められていることが多く、

低投資で初当たりを得ることが、少々難しくなります。

 

 

 

それぞれの特色により回転数、交換率が、

反比例していくということは、他のページで解説いたしましたが、

どのお店を選ぶにせよ、「人気店」 を選びましょう。

 

 

 

簡素なお店は収支が間に合わないので、

どちらにしても出してくれません。